その他

ふるなびで実際に寄付してみた!全手順大公開!

前回ふるなびの魅力について、話したと思うけど

ふるなびを使えば2000円でAmazonギフト券10,500円が手に入る! 前回、初めてふるさと納税をする人にわかりやすく説明したんやけど、 http://change-job.site/2018/...

実際にわいがふるなびを使って寄付してみたからそのやり方について説明するしみてな!

ちなみに寄付が終わるまではたった3分しかかからんかったで!

「ふるなびならたった3分でふるさと納税!」

3ステップで寄付完了!その手順を大公開!

1.寄付する自治体と返礼品を決める

ふるなびで寄附したい自治体、欲しい返礼品を探してな。
地域の誇るブランド牛や銘菓、季節に合わせた旬の農産物や水産物、旅行や店舗で便利に使える優待券など、バラエティー豊かな返礼品が揃ってるで。
あとAmazonギフトコードの増量キャンペーンをしている返礼品もあるし要チェックやで!

2.自治体に寄付を申し込む。

寄付を申しこんだら、自分の個人情報を入力する画面にいくし、指示に従って入力してな!

ただ!ワンストップ特例を受けるのであれば、必ずワンストップ特例のところにチェックマークをつけること!

これをしないと確定申告する必要があるし、面倒くさくなるから必ず確認してな!

3.申請完了後、yahoo!公金決済をする

申請完了のメールが届くけど、これで終わりではないで!

クレジット払いの場合はyahoo!公金決済でクレジット情報を入力せなあかんで!

クレジット決済が終了したら、ちゃんと決済が完了しましたというメールが届くからしっかりチェックしてな!

4.ちゃんと寄付できたか確認する

手続きは完了したけど、本当に寄付できたかどうかって心配やんな。

そういうときはマイページを見たら自分がどの自治体になんの返礼品で何円寄付したかわかるし確認してや。

ちなみにわいはAmazonギフトカードにしたんやけど、こんな感じでマイページに反映されるで!

画像の中央上部にAmazonギフト券を確認するというところがあると思うねんけど、そこをクリックすると

実際にギフトコードがこうやって反映されているか確認できるんやな!

ギフトコードが発行されるのは翌々月やから注意せなあかんで!

返礼品と「寄附金受領証明書」、「ワンストップ特例制度の申請書」を届くのを待つ

関連画像

あとはふるさと納税を行った自治体から、返礼品とその証明として寄附金の領収書「寄附金受領証明書」と「ワンストップ特例制度の申請書」が届くで!

寄附金受領証明書とワンストップ特例は、自治体によって届くタイミングが異なります

・お礼の返礼品に同封されてくる。

・お礼の返礼品とは別に、寄附後1~2ヶ月後に発送される。

・確定申告が始まる2月中旬までに、1年分の寄附の総額を記載し、まとめて発送される。

ワンストップ特例ってなに?という人はこの記事をチェックしてな!

今ならまだ間に合う!ふるさと納税を徹底解説!「ふるさと納税」 最近頻繁にテレビCMとかで耳にするけど、実際にやっている人って少ないんとちゃうやろうか? やらない理由とし...

あとはワンストップ特例の人は申請書とマイナンバーカードの写しを寄付した自治体に郵送するだけ。

めちゃめちゃ簡単やろ!?

『ふるなび』の公式サイトはこちら

まだふるさと納税していない人は是非挑戦してみてな!

ほなまた!

RELATED POST